40代でしわだらけ?知っておきたいアラフォーからのスキンケア

40代になるとこれまではそんなに気にならなかったしわが一気に増えてしまい、このままだとしわだらけになってしまうのではないか…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

40代の肌は30代とも異なり、肌質も変わってきてしまうため、しわも目立ってくるようになります。

そこで今回は、40代でしわだらけにならないためのスキンケア対策や、おすすめのスキンケアアイテムについてご紹介していきます。
しわだらけの肌にならないために、ぜひ参考にしてみてください。

40代は30代の肌とどう違う?

よく「お肌の曲がり角」という言葉が使われますが、基本的には20代から30代に入った時に言われる言葉でもあります。

そのため、30代から40代に入る時の肌質はそれほど変わらないのではないかと思っている方も多いです。
しかし、実際は肌質にも明らかな変化が見えてきて、肌の曲がり角をもう一度体感している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、40代と30代の肌質にはどんな違いがあるのでしょう?

肌質の違い

まず、20代を迎えてピークだった女性ホルモンの分泌量は、年々加齢とともに減少していきます。

30代も20代に比べると女性ホルモンの分泌量が減少してしまうのですが、30代よりも40代の方がもっと減少している状態です。
女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうことで、肌の奥にあるコラーゲンや角質層にあるセラミド、肌の保湿には欠かせない天然保湿因子などの生産量も減ってしまうのです。

目の下のしわ

そのため、肌がより乾燥しやすくなったり、肌のハリが低下してしわにつながってしまう可能性があります。
また、これまで浴びてきた紫外線のダメージが30代に比べてより一層表れるようになり、しわ以外にもしみやくすみなども目立つようになります。

40代になると敏感肌の人が増える?

先程も紹介したように30代よりも40代の方が保湿力が低下することによって、肌が乾燥しやすくなる人が増えてきます。
肌が乾燥するということは、肌のバリア機能も低下しているため、肌が荒れやすい状態になり敏感肌になったと感じる人が多いようです。

乾燥肌

しかも、肌のターンオーバーは若い時は28日の周期で新しい肌に生まれ変わっていましたが、40代にもなると約40~55日の周期になるので、なかなかしわやしみ、肌荒れなどの改善も遅くなってしまいます。

若い頃に比べるとやはり肌質も変わってしまうため、若い時と同じスキンケアを行なっていては正しいしわ対策にはつながりません。
自身の肌質を理解し、肌質に合ったスキンケアを実践しましょう。

しわだらけになってしまうのはどうして?

同じ40代でも見た目がとても若い人もいれば、しわだらけで実年齢以上に見られてしまう人もいます。
なぜ同じ40代なのに差が生まれてしまうのでしょうか?

続いてはしわだらけになりやすい人の特徴や生活習慣についてご紹介していきましょう。

できたシミ

肌が乾燥している

肌が乾燥しているとしわもできやすくなります。
なぜ乾燥によってしわだらけになってしまうのかというと、肌の水分量や皮脂量が低下してしまうと角質細胞が増えて水分を逃さないようにします。

角質細胞が増加することで角質層の厚みが増し、肌のキメが乱れてきてしまいます。
この乱れによって隙間が生じてしまうのが、乾燥じわです。

シワ

乾燥じわは表皮にできる細かいしわですが、早めに対処しておかないと徐々に深いしわへと変化してしまい、スキンケアをしっかり行なっても取れなくなってしまう可能性があります。

紫外線対策をしていない

しわができてしまう原因は様々なものがありますが、中でも紫外線はしわに大きな影響を与えると言われています。
しみができるイメージの強い紫外線ですが、実はしわとも深い関わりがあったのです。

紫外線

紫外線を浴びることにより、肌を支えているコラーゲンやエラスチンが変質してしまいます。
コラーゲンやエラスチンが変質してしまうことで肌の土台が崩れてしまい、しわができやすくなると言います。

若い頃に紫外線対策をしていなくてもしわが増えなかったのは、若い頃は女性ホルモンの分泌量も多く、しわができる前に新しいコラーゲンやエラスチンが作られていたので問題ありませんでした。

しかし、40代になると前述した通りコラーゲンやエラスチンの生成量も減ってしまうため、紫外線によってしわが作られやすくなってしまうのです。

喫煙している

タバコはよく「百害あって一利なし」と言われていますが、これは美容にも当てはまる言葉です。
アメリカでは双子で喫煙している人と喫煙していない人に分けて肌にどのような変化がでるのか検証実験が行われました。

検証を実施したところ、喫煙している人は下まぶたのたるみが目立ち、くまやほうれい線、あごのたるみなどが見られました。
また、まぶたにも色素沈着が見られます。

シミシワの原因

一方、喫煙していない人はしわやしみなどが全くないわけではありませんが、喫煙している人に比べると肌のハリが保たれて明るい肌色を維持できていたのです。
喫煙はこのように、肌のハリを奪ってしまいしわを増やすものだと言えるでしょう。

表情グセが出てしまう

表情グセとは、例えば目が見えづらくなったことで細かい字を見る時に眉間にしわを寄せてしまったり、気付いたら口が半開きになってしまったりすることを指します。
このような表情グセは同じ表情をしているせいで決まった部分にしわを作ってしまいやすいです。

激しいダイエット

体型を気にしてダイエットに励む方もいらっしゃるかと思いますが、ダイエットで一気に体重を落とすとしわができやすくなります。
これは脂肪が減ったにも関わらず皮膚が伸びてしまっているのでなかなか元に戻らないため、しわを作ってしまうのです。

急激な体重減少はしわだけではなく栄養が偏ってしまうことによって、肌荒れや体の不調にもつながってしまうので気を付けなくてはなりません。
基本的に、1ヶ月に-3kg程度は健康的に痩せられる数値と言われているので、1ヶ月で痩せる時は-3kg以上にならないよう、運動や食習慣の見直しを実践してみましょう。

しわだらけを解消するためのスキンケア

40代でしわだらけになってしまった場合、少しでも若々しい肌に戻るためには、しっかりとスキンケアを行うことが重要となります。
では、しわだらけを解消するためにはどのようなスキンケアを実践していった方が良いのでしょう?

クレンジング

メイクを落とす時、皆さんはどんなメイクの落とし方をしていますか?
ついメイクをしっかり落とそうとしてゴシゴシと擦るようにクレンジングしてしまう方も中にはいらっしゃるかと思います。

シミを消したい

しかし、クレンジングの時に肌を強い力で擦ってしまうと、肌に大きな負担が加わってしわを作り出してしまう可能性が高いです。
特に目元はゴシゴシと擦ってしまう方も多く、これによりしわやくすみの原因にもつながってしまいます。

クレンジングは便利なシートタイプやオイルタイプよりもペーストやクリームタイプの方が肌への負担を少なくしてくれます。
また、クレンジングのついでに優しく顔のマッサージをしてあげることでメイクを落とすだけでなく固まっている顔の筋肉を解し、しわの改善にもつながります。

洗顔

クレンジングと同様に洗顔もただ汚れを落とそうという意識でいると、摩擦によって肌に負担がかかってしまいます。
また、顔の水分を拭く時にタオルでゴシゴシと拭いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴシゴシ擦るように拭いてしまうことでしわを作り出す可能性もあります。

洗顔時もできるだけ摩擦が起きないように注意するようにしましょう。
40代でしわを防ぐための洗顔は、余分な皮脂を落とすことにこだわらず、必要な皮脂だけを残すことを意識する必要があります。

シミシワに効果のある食べ物

例えば、洗顔料の中にはとても洗浄力が強く洗顔をするとすぐに突っ張ってしまうものもありますが、この洗顔料を使っていると肌に必要な皮脂まで取り除かれてしまっているため、乾燥を招きしわにつながってしまうでしょう。

洗顔料もできるだけつっぱらないものを選んだ方が良いです。

アラフォーからの正しいスキンケア

正しいスキンケアを実践することによって、化粧水や美容液、クリームの美容成分を最大限活かすことができ、しわの改善効果が期待できます。
正しいスキンケアとはどういったものを指すかというと、一つは順番を守ることです。

スキンケアアイテムというと様々な種類があります。

化粧水や美容液、乳液、クリームなどがあり、また化粧水だけでも導入化粧水や保湿化粧水、美白化粧水、エイジングケアなど細かく分類することができるため、どれをどの順番で使っていいのか分からないという方も多いかと思います。

顔にシワを作らない

基本的には、クレンジング・洗顔を行なった後は、

①化粧水
②美容液
③乳液
④クリーム

という順番でスキンケアを行なっていきます。

化粧水で洗顔後の肌を潤し土台を整えていきます。
次に美容液を加えて成分を肌の奥に浸透させます。

乳液はラッピング効果があるため、化粧水や美容液の成分が蒸発しないようにする役割を持っています。
中には化粧水・美容液・クリームは持っていても、乳液はいらないだろうという方もいらっしゃるかもしれません。

シミシワ化粧品の選び方

乳液によるラッピング効果は非常に重要なので、ぜひ取り入れるようにしましょう。
皮脂量が多い人であればクリームは使用せず乳液まででスキンケアを終わらせても構いません。

ただ、40代の肌質は基本的に油分が足りず、皮脂が多いという方の中には乾燥肌によって過剰な皮脂分泌が起きている可能性も高いので、できればクリームも取り入れるようにしてください。

もう一つ、正しいスキンケアを行うには、適量を守るということです。
適量とは、各商品ごとに異なっており、必ずどれくらいの量を使えば良いのかが商品の裏側などに記載されています。

表示されている以上にスキンケア用品を使ったり、逆になるべく使える日数を増やそうと少しずつ使う方も多いですが、できれば適量を守るようにしましょう。
各メーカーが設定している適量は、その商品の美容成分を最大限活かすために必要な量です。

そのため少なめに使ってしまえば効果がなかなか実感できず、逆にたくさん使ってしまうことで肌トラブルにつながってしまう場合もあります。

リンパマッサージ

スキンケアにプラスしてリンパマッサージを行うと、しわだらけになるのを予防するだけではなく、今あるしわの改善効果にも期待できます。
リンパマッサージはリンパや血管を促す効果があり、老廃物の排出を促したり、新陳代謝の正常化につながります。

マッサージを行う場合は必ず摩擦が起きないためにクリームを使って摩擦が起きにくい状態を作ること、負担がかかりすぎないように優しく行うこと、表情筋を意識することに気を付けて取り入れましょう。

40代のしわだらけを防ぐ最強スキンケアアイテム・ニューピュアフコイダン

これまで40代のしわだらけを招いてしまう原因や対策方法などをご紹介してきましたが、ここに成分にこだわった美容液・美容クリームを導入することで、さらなるしわ改善につながります。

特におすすめしたいのが、「ニューピュアフコイダン」です。

ニューピュアフコイダンは臨床試験実施済みの美容液と美容クリームで、しわやしみなどの年齢肌に悩む方のために作られたスキンケアアイテムになります。

ニューピュアフコイダンは天然もずくから抽出された「フコイダン原液」を100%使用した美容液と、フコイダンに加え、肌に透明感を与えてくれる「フコキサンチン」、肌に弾力を与えてくれる「卵殻膜抽出物」をたっぷり配合したスキンケアアイテムです。


この2つを使うことで、年齢に負けない肌を作り出すことができます。
また、着色料・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・アルコールといった化学成分は一切使っていません。

敏感肌の方にも安心して利用できる美容液・保湿クリームと言えるでしょう。

このニューピュアフコイダンはカリスマエステティシャンとしても有名な、髙橋ミカさんが開発したスキンケアアイテムです。
肌のプロが様々な人の肌の悩みを解決したいと考え、作られました。

フコイダンという成分が本当にしわだらけの肌にも効果があるの?と思われてしまうかもしれませんが、髙橋ミカさんが自分の肌に使って納得した美肌成分でもあります。
そんなプロも認めたフコイダンを、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ニューピュアフコイダンは40代で見られるしわだらけの肌でも、若々しい肌にきっと蘇らせてくれるでしょう。