目の下のしわに効く化粧品~しわの原因と効果のある成分まとめ

目の下のしわ

目の下はしわができやすい場所なので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
目の下のしわができてしまう原因は、いくつか考えられます。

どのような原因で目の下のしわができてしまうのか、原因から対策方法まで見ていきましょう。

なぜ目の下はしわができやすいのか

目の周りは、顔の他の部分と比べてもしわができやすい場所として知られています。
しかし、なぜ目の下はしわができやすいのでしょうか?

シミを消したい

目の下の皮膚は、顔の中でも皮膚が薄い部位であり、とてもデリケートです。
皮膚の厚みは約0.5~0.6mmで、卵の殻の裏側についている薄皮くらいだと言われています。

そう言われてしまうと、目をこすったりすることがあまり良くないと言われているのも何となく理解できるかと思います。
また、目の周りは他の部分と違って皮脂が分泌されません。

オイリーな肌質の人であっても、目の周りまで皮脂がたくさん分泌されているような人がいないのはそのためです。
皮脂が分泌されないということは、乾燥しやすい場所であると言えます。

シワ

そして、表情の変化によって筋肉の運動量が多いのも目の周りです。
女性の場合は、それ以外にもアイメイクや目元のクレンジング、コンタクトレンズの着用などでさらに目の周りの負担が大きくなります。

薄くデリケートな肌は、それらが積み重なってどんどん疲労が溜まってしまい、それがしわやたるみとなって表れてしまうのです。
目の周りのケアは早い段階からしておくことが大切になります。

目の下のしわができやすい、具体的な原因

ここで、目の下のしわができてしまう具体的な原因について知っておきましょう。

加齢

加齢とともに肌自体の乾燥も進んでしまいます。

そのため、目の下の乾燥もさらに進み、しわが目立つようになってしまうのです。
ただし、生活習慣や日頃のケアによってしわをできにくくすることもできます。

表情や骨格の影響

目の下の皮膚はとても薄いので、表情や骨格の特徴によってしわのように見えてしまう場合があります。
この場合は、衰えや疲れなどによるものではないので、そこまで老けて見られることもありません。

乾燥や紫外線による影響

紫外線

目元の皮膚は薄いので乾燥しやすく、紫外線などの影響も受けやすくなってしまいます。
紫外線はしみや日焼けの原因だけではなく、肌のハリ低下にもなるので目の下のしわ予防として紫外線対策は非常に重要です。

摩擦や刺激による影響

肌は摩擦や刺激によってトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますが、皮膚が薄い目の下はさらに注意が必要です。
アイメイクを落とす際にこすり過ぎたり、コンタクトを外す際に目の下を引っ張りすぎないなどのちょっとしたことを気をつけることで、しわの回避につながります。

目の下のしわはスマホも原因になる?

前述したような原因で目の下のしわにつながると書きましたが、私たちの生活に欠かすことができなくなっているスマホも、目の下のしわの原因になっていると言われています。

スマホの画面を見続けていると眼精疲労となり、目の周りの筋肉が凝り固まってしまいます。
その結果、血行が悪くなり、しわやクマの原因となってしまうのです。

スマホが原因になっている目の下のしわを改善するには?

スマホが原因でできた目の下のしわの場合は、スマホの画面を見るときの姿勢を治すことで新たなしわを作らないための対策になります。

スマホ

しかし、既にできてしまったしわは姿勢を直すだけでは改善しないので、マッサージで目の周りの疲れを取ることがポイントになるでしょう。
マッサージをする際は、目の周りだけではなく、肩甲骨から首、頭まで行なってください。

マッサージを行うことで、フェイスラインを持ち上げることができるので、しわが浅いうちであれば改善の余地もあると言えます。

スマホに依存しすぎている人は要注意!

寝る時に枕もとに必ずスマホを置いて寝たり、トイレに行くにもスマホを手放さない、お風呂でもスマホを見る、SNSを毎日チェックしている、スマホを忘れると不安になる、などに当てはまる人はスマホに依存しすぎている可能性があります。

スマホに依存しているいうことは、画面を見る機会が多く、目の周りが疲れているという人も多いです。
このような人は目の下のしわも目立つようになってしまう可能性が高くなります。

目の下のしわを作りたくないのであれば、スマホに依存し過ぎないことも大切だと言えるでしょう。
若いうちは大丈夫かもしれませんが、加齢とともに目立ってしまう可能性もあるので今のうちから気をつけておくと将来的にも悩まずに済みます。

普段から心がけたい目の下のしわ対策

しわの一番の原因は乾燥にあると言えるので、普段から乾燥しないように対策することで、目の下のしわ対策にもなります。
その他にもしわ対策に有効な物をいくつか紹介します。

しわ対策に有効な栄養素は?

しわ対策をする際に有効な栄養素は、ビタミンCやビタミンA、コラーゲンなどです。

ビタミンCは、抗酸化作用があるため、肌の酸化も防いでくれるアンチエイジング効果も期待できます。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かすことができない栄養素なので、体内でコラーゲンを生成するためにも積極的に摂取したい栄養素です。

この他にも、体内や肌の免疫力をアップさせてくれる効果、抗ストレス効果など体にも肌にも重要な栄養素となっています。
ビタミンCを摂取するために有効な食材は、赤ピーマン、芽キャベツ、アセロラ、キウイフルーツ、レモンなどです。

ビタミンC

ビタミンAは不足してしまうと、肌の乾燥やしわの原因になってしまいます。
これは、ビタミンAに粘膜を守ったり、皮膚や目の健康を保つといった作用があるからです。

そのため、ビタミンAが不足してしまうと肌の悩みにもつながってしまいます。

ニキビや肌荒れが起きたり、肌が乾燥してしまうとしみやしわといった様々な悩みを引き起こすことになってしまうので、ビタミンAも積極的に摂取するようにしましょう。
ビタミンAを摂取するために有効な食材は、ニンジンなど緑黄色野菜、レバー、うなぎ、牛乳、卵黄などです。

コラーゲンは、体内にもありますが、残念ながら加齢とともに減少します。

シワ

また、年齢を重ねると生成する力も衰えていき、古くなったコラーゲンも排出されにくくなります。
そうなってしまうとしわやたるみの原因になってしまうので、コラーゲンを積極的に摂取する必要があるのです。

コラーゲンは牛スジや手羽先、魚の身と皮の間などに多く含まれているので、食事の際に取り入れてみると良いでしょう。
また、コラーゲンは、ビタミンCと一緒に摂取することでより吸収されやすくなるのでオススメです。

マッサージで血行を良くする

目の下のしわは、血行が悪くなることも原因の1つになっています。

そのため、マッサージをして血行を良くすると改善につながります。
この時のマッサージは、眉毛の付近を刺激、血行促進や眼精疲労の改善を目指すものです。

マッサージ

まず最初に、眉毛の内側からこめかみ側へ流します。
次に、眉毛の上を同じように流していきます。
最後に、眉毛の下を同じように流していきます。

実は、眉毛の部分は血行が悪くなりがちなので、ここを刺激して血行促進すると目元がぱっちりとなって、しわの予防にも効果があるのです。
デスクワークの方やスマホを良く見るという方は、特に血行が悪くなりがちなのでこのマッサージがオススメです。

しわに効果的な栄養素を積極的に摂取したり、マッサージを行うことで、目の下のしわを予防・改善することができます。
とてもデリケートな目の下の皮膚を守るためにも、乾燥を防ぎ、きちんとケアすることが大切です。

目の下のしわに効く化粧品の美容成分をチェック

目の下のしわは食事やマッサージによるケアだけではなく、スキンケアも欠かせません。

しわに良いとされる保湿系の化粧品はたくさんありますが、目の下のしわに有効な美容成分が入っているかどうかが重要です。
それでは、目の下のしわに効く美容成分をご紹介しましょう。

目の下の表情しわに効く美容成分

笑った時など表情の変化でできる目の下のしわは表情しわと呼ばれており、これは肌表面の乾燥で癖ができている状態です。
これを放置すると形状が記憶されて改善しにくくなるので、表情しわに良い美容成分を選ばなければなりません。

シミシワの原因

セラミド

セラミドは高い保湿力を持ち、肌バリア機能を高め紫外線や刺激から肌を保護する効果があります。

ヒアルロン酸

真皮で水分を保持する作用のある美容成分ですが、表皮の角質層に浸透させることで肌が守られ乾燥しにくくなります。

コラーゲン

こちらもヒアルロン酸と同じく真皮にある美容成分で、表皮の角質層に浸透することで肌の乾燥を抑えます。

トレハロース

きのこや酵母などに含まれる糖質で、高い保水性を持ちます。

目の下の真皮しわに効く美容成分

真皮しわは真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などハリや潤いに関わる成分が減少してできる深いしわです。
この場合は表面の乾燥だけではなく、真皮の潤いを保つ成分や美容成分の生成をサポートする美容成分が求められます。

レチノール

レチノールはビタミンAの1種で、角質層を潤すと同時にコラーゲン生成に働きかける成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は肌に吸収されにくいビタミンCを改良したもので、線維芽細胞を活性化させる作用により、コラーゲンやエラスチンなので生成をサポートします。
他にも美白効果があり、目元のくすみを抑えることも可能です。

シミシワに効果のある食べ物

このように、しわの種類によって適した美容成分は異なるので、自分に適した化粧品を選ぶ必要があります。

 

また、目元はしわだけではなく、くすみや血行不良によるクマなどの悩みもあるので、保湿成分だけではなく美白や血行促進させる美容成分も必須です。
くすみやクマにはビタミンEや高麗人参が良いとされていますが、しみしわ両方を改善するならフコイダンがおすすめです。

フコイダン配合のニューピュアフコイダンとは?

フコイダンとは、もずくやワカメ、昆布など海藻類に含まれる水溶性食物繊維です。

めかぶ

食物繊維なので食事として摂取すると腸内を整える効果があり、便秘改善など健康効果があるとされています。
さらに、美容でも良い効果があると研究で分かっており、しみしわに効く化粧品の成分としても注目を集めています。

そのフコイダンが配合された化粧品がニューピュアフコイダンです。

ニューピュアフコイダン

ニューピュアフコイダンにはフコイダン原液を100%使用した濃密な美容液と、フコイダンに加え優れた美容効果のある成分を含むクリームがあり、ダブルアプローチで目の下のしわを始め、肌の乾燥やしみしわを改善できる化粧品です。

仕様するフコイダンは汚染度の低い美しいトンガの海域から採れる天然もずくのものであり、不純物を含まないので肌に優しい成分となっています。

フコイダンの効果とは?

目の下のしわにもフコイダンが良いとされていますが、具体的に何が良いのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
フコイダンの優れた美容効果についてご紹介します。

保湿効果

海藻類は表面がぬるぬるしていますが、そのぬるぬる成分がフコイダンです。

日差しに当たっても乾燥しないようにぬるぬるの膜が海藻を保護しており、人の肌に対しても塗布することで肌内部の水分蒸発を押さえ、肌の潤いをキープすることができます。
肌の潤いを守ることで目の下の表情しわに有効です。

抗酸化作用

コラーゲンなどの美容成分は加齢だけではなく、活性酸素の攻撃によって減っていくことがあります。

フコイダンには活性酸素を取り除く抗酸化作用があるため、コラーゲンなどの減少を押さえ、目の下の真皮しわを抑制可能です。
また、活性酸素はメラニンの増殖にも影響を与えるので、除去することでメラニンの生成を抑制し、目の下の色素沈着や肌のしみを改善・予防することもできます。

フコキサンチンと卵殻膜抽出物も配合

ニューピュアフコイダンのクリームでは、フコイダンに加えてフコキサンチンと卵殻膜抽出物を配合しています。
この3つの成分を加えることで、より目の下などのしわやしみに有効なのです。

フコキサンチンの効果

海藻類に含まれる色素成分で、コラーゲンやエラスチンなどの分解を抑えながら生成を促し、さらにメラニンの生成を抑制する作用があります。
この成分が加わることで潤いと透明感のある肌に整います。

卵殻膜抽出物

卵の薄皮から採取される成分で、たんぱく質や18種類のアミノ酸、コラーゲンが含まれています。
保湿効果と同時に美肌を維持するアミノ酸の生成をサポートし、ハリと弾力のある肌に整える成分です。

このように、ニューピュアフコイダンは美容効果に優れた高濃度のフコイダンと、フコキサンチンや卵殻膜抽出物の効果で目の下のしわを改善することが可能です。

フコイダン画像2

着色料やパラベン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤は未使用で肌に優しく、安全性と効果は臨床試験でも認められており、安心して使用できる目の下のしわに効く化粧品と言えます。

目の下のしわにお悩みの方は、ご紹介した対策法やニューピュアフコイダンを試してみてはいかがでしょうか?