シワが消える化粧品が欲しい!正しいコスメの選び方とは

シワを消す化粧品

シワやたるみが気になってくるのは、その方にもよりますが早ければ30代らと言われています。

どんなに遅くても、40代になると目元や口元などの小ジワ・ほうれい線・額の横ジワなどが気になってくるでしょう。
では、そんなシワを消すためにはどのような化粧品を選べば良いのでしょうか?

今回は、シミが消える化粧品について詳しく紹介していきましょう。

シワが消える化粧品に含まれる成分

そもそも、シワの原因は肌の乾燥や紫外線を長時間浴びてしまったことで、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが劣化したり、破壊されてしまうことが考えられます。

シワ

これらの成分は、肌にハリや弾力を与えているため、さらに新しく肌の中で作られるよう促すことによって、シワやたるみを予防したり、改善することができるのです。
最近では、同年齢でも肌のハリや美しさが全く違う方も少なくありません。

実は、シワのケアは、早く始めれば始めただけ見た目年齢の差が大きくなると言われているのです。

同年齢の方よりも若々しく見られるためには、シワのケアをしっかりと行うことが大切なのです。
では、シワに有効な化粧品の成分はどのようなものがあるのでしょうか?

化粧品

シワを消すためには、肌のコラーゲンやエラスチンを補い、守っていくことが大切なポイントとなります。

コラーゲンやエラスチンを増やす働きのある繊維芽細胞を活性化させることは、新たなコラーゲンを補い、壊れないように守ったりすることができるため、肌にハリを与え、シワを伸ばすことができるのです。

特に、以下の成分はシワの改善に良いとされています。

コラーゲン

肌の真皮層にあるコラーゲンは、もともと体内の豊富に存在していますが、20歳をピークに徐々に減少すると言われています。

その後、加齢に伴って減少する道をたどるため、化粧品やサプリメントで補うことが大切なのです。

コラーゲンが不足することで、肌のハリが失われやすくなります。
まずは、肌のハリや弾力に必要不可欠なコラーゲンが必須と言えるでしょう。

スキンケア

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も、体内で合成されている成分で、高い保水力が特徴です。

加齢によってヒアルロン酸の比率も減少していきますが、40代になると赤ちゃんの半分の比率になると言われています。

そんなヒアルロン酸を肌に補給することで、乾燥しがちな肌にうるおいを与え、シワの改善だけでなく予防にもつながるのです。
ただ、肌に浸透しにくい性質を持っているため、比較的浸透しやすい低分子ヒアルロン酸を含む化粧品を選ぶようにしましょう。

プラセンタ

プラセンタは胎盤の意味を持ち、胎盤からアミノ酸や核酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素や成長因子を抽出した成分となっています。

肌の角質層の水分や皮脂、自然保湿因子のバランスを整える作用があり、皮脂が失われて乾燥が進むのを防いでくれるのです。
プラセンタは真皮まで浸透する能力が高いため、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分を肌に浸透しやすいよう開発されている化粧品もあります。

プラセンタには動物性と植物性とがあり、中でも植物性プラセンタは肌への安全性が高く注目されている成分です。

シミシワに効果のある食べ物

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、身体の中に存在する抗酸化成分として、老化の原因にもなる活性酸素を除去する働きを持っています。

肌は、酸化することによって乾燥やシワを作りやすい状態になりますが、この成分を補給することでシワの改善や予防ができるのです。
しかし、加齢とともに減少する成分でもあるので、化粧品で積極的に摂取することが求められます。

レチノール

レチノールには、徐々に失われるコラーゲンの生成を促したり、角質層に保水する効果、ターンオーバーの促進効果があります。
高い抗酸化力も持ち、肌の活性酸素を除去する働きも持っています。

表情ジワ

特にレチノールは抗シワ成分とも言われており、繊維芽細胞を活性化する成分でもあるのです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、レチノールやビタミンC、コエンザイムQ10の1000倍ものハリ肌効果があると言われています。
すでに肌に出てしまっているシワ対策として、ハリ肌成分であるアスタキサンチンは非常に有効で、抗酸化作用もあるため、肌の活性酸素を除去する働きもあるのが特徴です。

できたシワを化粧品で消すことができるのか

一般的な化粧品に含まれるシワに有効な成分を紹介してきましたが、シワが改善されても、完全にシワを消すことはできるのでしょうか?

実際には、化粧品でシワを完全に消すことは難しいともされており、中には改善できないものも多いのが実情です。
シワやたるみには、エイジングケア成分が含まれる化粧品を選ぶことが良いと言われています。
前述した成分が含まれている化粧品を選ぶことは非常に大切なことです。

シミを消したい

しかし、シワ対策には繊維芽細胞を活性化させる成分をはじめ、抗シワ成分やハリ肌成分、抗酸化作用のある成分などを多く摂取していく必要があります。
それらの有効成分をしっかりと摂取するためには、様々な化粧品を購入したり、試したりしなければなりません。

また、自分に合うものを選べるかどうかも重要なポイントです。

このようなことから、有効成分の入った化粧品選んでも、シワを完全に消すことは難しいのです。

また、抗シワ成分やハリ肌成分が含まれるシワに効果的な化粧品を使っても、間違ったスキンケアをすることで保湿成分が失われてしまう可能性もあります。
さらに、浅いシワか深いシワかなどの種類によっても、原因や効果的なケア方法は違ってきます。

浅いシワ

浅いシワは目元や口元にできやすく、乾燥によってできやすいのが特徴です。

深いシワ

眉間のシワ

眉間や額のシワ、頬にできるシワは加齢や生活習慣の乱れが原因です。
特にコラーゲンの減少してくると深いシワができやすく、改善しにくくなります。

自分のシワがどのようなタイプなのかを知ることも、ケアしていく上で非常に大切なことです。

しかし、前述した有効成分や効果的な化粧品を考慮しながら、自分のシワタイプに合ったものを選ぶのは容易ではありません。
できてしまったシワを完全に消すためには、一般の化粧品ではなかなか難しいのです。

臨床試験にパスしたシワを消す化粧品とは

基本的に化粧品は肌に直接使用するものなので、安全性の高いものでなければ市販されることはありません。
しかし、全ての化粧品が100%安全かというと決してそうとは言いきれないでしょう。

シワが消える化粧品を選ぶ際は、シワ消しに有効な成分が含まれているかが当然必要になりますが、使った時に刺激感や不快感が出ないかという安全性も重要なポイントになってきます。

中には化粧品に含まれる成分自体がアレルギーなどの刺激性を持っている場合があり、成分の濃度によって肌に負担をかけてしまうこともあります。

ですから、化粧品の安全性そのものを考えながら使用する前に自分の肌をよく理解しておいてください。
では、シワが消える化粧品に含まれていることが多い成分で安全性が気になる成分についてご紹介していきましょう。

グリセリン

シワが消える化粧品だけに限らずほとんどの化粧品にグリセリンが配合されています。

グリセリンは安全性の高い成分と言えるのであまり気にしすぎることはありませんが、まれに不純物が混入しているグリセリンもあります。
一番わかりやすい特徴としては、低価格で販売されている可能性が高いので過度に安すぎるシワ消し化粧品には気をつけましょう。

植物性のパーム油やヤシ油を加水分解したグリセリンは、高品質な化粧品であることが多いです。

ブチレングリコール

ブチレングリコールは化粧品によく配合されていますが、シワが消える化粧品にはほとんど使用されています。
基本的には低刺激で安全性もそれほど気にする必要はありませんが、保湿や抗菌作用があるため防腐剤を少なくする目的で配合されることがあります。

エタノール

エタノールは、敏感肌やインナードライ肌、肌あれの方には使用を控えた方が良い成分です。

エタノールによって刺激を感じる人が多く、揮発性があるため肌の乾燥を招いてしまいます
エタノールを配合している化粧品は、使用法や使用量、使用箇所などを確認してから使うようにしましょう。

PG・DPG

安全な化粧品を選ぶには、PGやDPGが含まれているものはできるだけ避けましょう

特にPGは厚生労働省によって刺激が高いと指定された成分です。
最近使用している化粧品は減ってきていますが、使用している化粧品の中にPGやDPGが含まれていないか確認するようにしてください。

防腐剤

防腐剤は化粧品の品質を安定化させるための成分なのでなくてはならないものですが、防腐剤の種類によって刺激のレベルが強くなることがあります。
メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベンの順番で刺激がどんどん高くなっていくのでどの成分が表示されているかチェックしてみてください。

水溶性ビタミンC誘導体

コラーゲンを増やしたり抗酸化作用があるためエイジングケアとしては非常に有効な成分ですが、人によっては刺激を感じてしまうことがあります。
成分量が高濃度になるその分リスクも上がってしまうので気をけましょう。

植物由来成分

植物由来成分は、アレルギーを発症するリスクがあります。

最近は天然成分や植物成分が配合されているオーガニックコスメや自然派コスメを売りにしている化粧品が多いのですが、植物性の高い濃度で抽出している成分はアレルギーのリスクも高まってしまうので注意しましょう。

香料・着色料

合成香料や着色料は、本来化粧品に必要な成分ではありません
中には安全性に問題のある成分もあるので、できるだけ含まれていない化粧品を選ぶようにしてください。

このように化粧品に配合されている成分の中には、肌に刺激を与えてしまう危険性のある化粧品もあります。

化粧水をコットンでつける

最近販売されている商品にはそれほど危険性のある化粧品は少なくなってきましたが、人によって肌の機能が低下してしまうこともあるようです。
しかし、臨床試験をパスした化粧品は敏感肌や肌の弱い人が使用しても問題なく、安全性が非常に高いことが証明されている化粧品です。

加齢と共に肌の活性化もどんどん低下してしまうので、できるだけ臨床試験に合格した化粧品を選ぶことをおすすめします

臨床試験実施済みのシワが消える化粧品・ニューピュアフコイダン

ニューピュアフコダインは、乾燥肌やハリ不足、シミ・シワに効果のある美容化粧品です。
フコダインを配合した高濃度化粧品として、エイジングケアをしたい方にピッタリの化粧品と言えるでしょう。

このニューピュアフコダインは臨床試験実施済みの化粧品として医学誌に掲載され、安全性の高い化粧品であることが紹介されています。
日本先端医療が規定する基準は、新規性・有用性・信頼性についてそれぞれ評価されます。

また、健康や美容に関する研究がなされているか、技術や応用を使った知見やオリジナル性があることも一つの規準です。

新規性

論旨や報告された事例について新規制や独創性が含まれているか

有用性

・先端医療や美容・健康の論考に対して課題設定や問題意識が適切かどうか
・新しい研究に発展する可能性があるか
・新しい研究分野を切り開ける可能性があるか

信頼性

・研究内容や分析の枠組みが適切であるか
・論文構成や論理展開に問題がないか
・根拠が十分にあり、データに基づいた立論で構成されているか

審査プロセスでは、編集委員長が採否結果を取りまとめます。

問題のある論文は規定基準関係なく不採用となり、十分な根拠が認められたものでなければ選定されることはありません

医学や健康美容業界で、論説・調査が行われた化粧品は、より安全性の高い成分として選定され、「フコイダン配合化粧品とマッサージを併用した際の肌改善効果」という演題で先端医療と健康美容の医学会が開催されました。

ニューピュアフコダインは、このような厳しい基準にクリアした信頼性の高い化粧品であることが認識できます。

シワが消える化粧品を選ぶ際は、自分自身の肌質やシワの深さを研究した上で化粧品選びを行うことが重要です。
化粧品に含まれている有効成分や危険性の高い成分が含まれていないかどうかも、その後の使用感や効果に影響してくるでしょう。

化粧品の裏に表記されている配合成分を確認した上で化粧品選びをすることは重要ですが、自分自身で判断するのはなかなか難しいものです。
ですから、ニューピュアフコダインのように安全性が確認されている臨床試験をクリアした化粧品を使用するのが最も安全で効果的と言えるでしょう。