シミシワの原因 毛細血管との関連性とは?

若さを保つためには、毛細血管が重要なカギを握っているのですが、その毛細血管の老化によって”ゴースト血管”になってしまうことを知っていますか?
ゴースト血管や、これによって引き起こされることをご説明します。

エイジングケアで意識したい!「ゴースト血管」って?

ゴースト血管とは

血管は静脈や動脈のような太い血管もあれば、それらを繋ぐ役割を持っている髪の毛の10分の1程度の細さの毛細血管もあります。
毛細血管は全長10万kmもあり、その長さは地球2周半程と言われています。

人間の血液は、血管を通って体中に栄養や酸素などを運んでいきますが、その中でも毛細血管は血管の約99%を占めています。

大きな血管は重要視されることも多いのですが、実はこの毛細血管は体の状態や生活習慣との関わりも密接となっています。
毛細血管はとてももろくなっているため、些細な衝撃や摩擦でも傷ついてしまうのですが、このような衝撃だけでなく加齢や活性酸素、紫外線などによっても傷ついてダメージを受けてしまうのです。

シワを消す化粧品

男性は30代後半、女性は40代に入ると急激に毛細血管が劣化していき、60代になると20代の毛細血管と比較した場合、約40%も減少していると言われています。

毛細血管が傷ついたり、元気がなくなってしまうと形が変形してしまったり、中には一部消えてしまう部分もあります。
毛細血管としては残っているものの、血液が流れていない状態を”ゴースト血管”といい、これが増えてしまうことで、体に様々な症状を引き起こしてしまうのです。

毛細血管が衰えてゴースト血管になってしまう原因は、血管の周りを覆っている壁細胞にあり、この壁細胞がもろくなってしまった血管を支えていますが、加齢が進むにつれて血管から剥がれ落ちてしまい、最終的に血管を支えるものがなくなってしまうため、形が変わったり栄養や酸素が行き届かなくなってしまいます。

また血管は体中にあるだけでなく、腎臓や肝臓などの臓器にもあり、この臓器の血管が減ってしまうことで、年齢と共にアルコールに弱くなってしまったり、ダメージを受けやすくなってしまいます。

ゴースト血管になる原因は

ゴースト血管になってしまう原因とは、どのようなものがあるのでしょうか?

血流の悪化
運動不足や長時間同じ姿勢でいることで、血管が圧迫されてゴースト血管になってしまう恐れがあります。
また女性のハイヒールでも足先の圧迫を招くため、あまり良くないと言われています。
食事
私たちの体は食べたものによって出来ていますが、甘いものを頻繁に摂取していると赤血球に含まれているタンパク質が糖と結びついてしまい、血管が糖化してしまいます。

また、塩分の取り過ぎでも同じように血管が固くなってしまい、動脈硬化の原因になってしまいます。
油が多い食事では、悪玉コレステロールが多く含まれ、血管に蓄積されてしまうため、病気の原因になることが多くなります。

喫煙
たばこに含まれる有害物質が血液の流れや質を悪くしてしまうことで、血管の老化を早めさせるきっかけとなります。

このように、毛細血管の衰えによって老化がどんどん進んでいき、骨粗しょう症や認知症のきっかけになったり、シミやシワなど肌へのトラブルに繋がる可能性もあります

ゴースト血管が引き起こす症状とは

毛細血管の働きは、酸素や栄養素を全身に届けて二酸化炭素や老廃物を回収していきます。
また免疫物質も一緒に送り込むことで、病原菌や細菌から身体を守る働きもあります。

他にも、体の熱を放出したりしながら体温を一定に保つようにコントロールしたり、ホルモンを運んでいき、情報を伝達する役割も持っています。

これらの役割がきちんとできなくなったらどうでしょう。

二酸化炭素や老廃物が除去できなくなれば、体内に残ってしまい、免疫細胞が活発にならなければ病気を引き起こしてしまいます。
ゴースト血管ができてしまうと、体にどのような症状が表れるのでしょうか?

シワのない人

髪への影響

髪の毛は頭皮から送られる栄養によって美しさを保っていますが、頭皮にももちろん毛細血管が多くあります。

頭皮の血行不良などでゴースト血管が多くできてしまうと、頭皮そのものが徐々に固くなってしまい、髪の毛の栄養が行き渡らない状態となってしまいます。
このような状態になってしまうと、抜け毛が多くなったり、髪の毛の艶が失われパサついた髪質になったり、切れ毛の原因にもなります。

体への影響

毛細血管は、人間の体の様々な臓器にも流れています。

毛細血管がダメージを受けてゴースト血管になってしまうと、臓器の機能が徐々に低下していき、酸素や栄養素が送られなくなってしまいます。
ゴースト血管によって臓器の働きが鈍くなり、腎障害や心筋梗塞などの病気になってしまうことがあります。

また、骨に毛細血管は直接関係ないかと思われがちですが、骨は破骨細胞によって毎日古い骨を壊していき、骨芽細胞によって常に新しい骨が作られています。

そのため、骨であっても血液から栄養や酸素を送ってもらわなければ、細胞がは働くことができなくなり、ゴースト血管ができることで骨粗しょう症になってしまうのです。
脳の場合、脳の組織にゴースト血管ができてしまうことで白質病変が現れたり、これが認知症のきっかけになってしまうとされています。

肌への影響

毛細血管が衰えたりゴースト血管ができてしまうと、最も肌に影響が表れると言われています。

もちろん顔や肌にも毛細血管が多くあり、これらにきちんと栄養が届かなくなってしまうと、コラーゲンを生成する能力が衰えてしまい、肌の弾力が失われてしまい、結果的にシワやたるみの原因になります。

それだけでなく肌の透明感もなくなってしまうため、シミやくすみのある肌になってしまい、健康的な美肌になるためには、毛細血管が活発でなければならないことがわかります。

最近薄毛や白髪が増えたり顔色が悪くなったり、シミやシワが増えたと感じたり、頭痛や肩こりがひどくなったと感じることはありませんか?

また、手足の冷えやよく眠れない、風邪をひきやすくなったなど、体の不調を多く感じるようになった場合、それはゴースト血管かも知れません。
ゴースト血管を作らせないために、今までの生活を見直して改善してみましょう。

毛細血管の維持で気になる肌年齢も改善!

真皮の毛細血管が減ってしまうとコラーゲンやエラスチンなど美容に関わる成分を生成している線維芽細胞に必要な栄養や酸素が届けなくなります。
そうなると線維芽細胞自体も減ってしまうので、真皮のコラーゲンやエラスチンなども維持が難しくなり、シミシワの原因につながってしまうでしょう。

なので、毛細血管の維持をすることで肌年齢の改善に導くことが可能です。

活性酸素を除去すること

真皮にある毛細血管は紫外線や紫外線の影響で増える活性酸素の影響を受け、ゴースト血管となってしまいます。

血管やリンパ管で内皮細胞と壁細胞の結びつきが緩んでしまえば、それにより血管やリンパ管の構造に安定性がなくなり、老廃物が血管の外に漏れ出してしまうでしょう。
老廃物が外に漏れ出てしまえば血管やリンパ管の機能は失われ、ゴースト血管化してしまいます。

それを回避するためにも、抗酸化物質により活性酸素を除去する必要があるのです。

アンジオポエチンを増加させる

ゴースト血管は内皮細胞と壁細胞の結びつきが弱くなることで起きるため、細胞同士の結びつきを強くするためにはTie2受容体を活発化させる必要があります。
Tie2受容体はアンジオポエチンの増加により、活発化させることが可能です。

アンジオポエチンは脈管の形成、もしくは血管の新生を促すための糖たんぱく質で、つまり脈や血管の成長因子を指します

ただ、紫外線や活性酸素の影響で壁細胞が弱ってしまうと、アンジオポエチンの増加に悪影響を与える恐れがあります。
なので、まずは活性酸素の除去が求められるでしょう。

毛細血管の衰えを改善するには?

毛細血管の衰えを改善することは、シミシワの改善や予防につながります。
しかし、衰えてしまった毛細血管はどのように改善していけばいいのか、具体的に分からない方がほとんどでしょう。

やはり、毛細血管の衰えを改善する方法として効果的なのは、生活習慣を見直していくことです。

では、健康的な毛細血管に若返らせるための生活習慣のポイントをご紹介しましょう。

血管に良い食事をプラスする

血管を若返らせる方法として効果的なのは、普段の食事に血管の良いとされる食材をプラスさせることです。

ゴースト血管を回避するためには血管にある細胞を活発化させる必要があるので、食事から改善していきましょう。
では、具体的にどのような食事が毛細血管の衰えに効果的なのかご紹介します。

抗酸化作用のある食材を摂取

ゴースト血管を防ぐためには体内で増える活性酸素を減らす必要があるので、抗酸化作用のある食事が求められます。
抗酸化作用のある食べ物にはアイサーやベリー系、緑茶、人参、トマト、生姜、鮭などがあります。

また、L-カルニチンやコエンザイムQ10、R-aリポ酸などのヒトケミカルも活性酸素の除去に効果的です。

ヒトケミカルは糖質と脂質を吸収し、ミトコンドリアのエネルギー生産をサポートする役割があり、エネルギー生産の工程で抗酸化物質により活性酸素を除去します。
このヒトケミカルは体の中でつくられる成分ですが、成人以降は量が減少してしまうため、積極的に補っていきたい栄養と言えるでしょう。

フィトケミカルの摂取

フィトケミカルとは、植物に含まれている化学物質のことです。
野菜や果物だけではなく、海藻やお茶、ハーブといった植物性の食品の色素、香り、悪などから発見された物質になります。

優れた抗酸化作用があることから健康や美容によいと考えられ、注目されているのです。
また、フィトケミカルはアンジオポエチンの代用になるとも言われています。

フィトケミカルを摂取することでTie2受容体が活発する作用があることが明らかになっており、積極的に摂取することでゴースト血管のリスクの軽減につながるわけです。
具体的にはシナモン、大豆類、人参、カボチャ、ルイボスティー、赤ワインなどにフィトケミカルが含まれています

フィトケミカルは約1500種類あるとされており、ポリフェノールやフラボノイド、カロテンなどもフィトケミカルに当てはまります。
ほとんどの植物に含まれているので、種類にこだわらず植物性食品をバランス良く食べていくと、自然に補えているでしょう。

毛細血管の衰えを改善するなら、おすすめはシナモンとルイボスティーです。

シナモンやルイボスには血管中の細胞を活性化させ、血管を修復する働きがあるので、毛細血管の衰えの改善に効果的です。

シナモンというと甘いものと合わせるイメージがありますが、例えばポークソテーにかけても美味しく、塩気のある料理とも相性が良いとされています。
ルイボスティーはデトックス効果もあるので、むくみが気になる方にも最適です。

ポークペプチドの摂取

ポークペプチドには血流を悪くする血栓を防止する働きがあるので、血液の流れを良くすることで血管や肌の若返り効果に期待できます。
名前のとおり豚肉から摂取できる成分ですが、豚肉単体から補うことはできません。

ポークペプチドは豚肉とパイナップを一緒に食べることでできる成分なので、酢豚がおすすめです。
おかずと果物の組み合わせが苦手な方は多いようですが、毛細血管のためと思ってチャレンジしてみてください。

マッサージで血液の流れを良くする

毛細血管の衰えを改善するために血液の流れを良くする必要があります。
そこで効果的なのがマッサージです。

手を指先から1本ずつ丁寧に揉みほぐし、手のひら、手の甲、腕の裏表と体に向かってさするようにマッサージしてみてください。
足も同じように指から揉んでいき、ふくらはぎ、膝の裏、太ももの裏を体に向かってさすっていきましょう。

両手・両足それぞれ5分が目安で、特に入浴中のマッサージがおすすめです。

シミシワと血管は無関係と思われがちですが、毛細血管の衰えは美容に悪影響を及ぼしてしまいます
ゴースト血管は美容だけではなく健康にも何かしらの影響を与えるリスクがあるので、避けたい現象と言えるでしょう。

毛細血管の衰えを改善し維持することでシミシワの改善や予防だけではなく、血流の流れが良くなることで体がポカポカ温かくなりやすく、手足などの冷えを軽減と体調の改善にもつながります。

ご紹介した血管に良い食事や生活を心がけて、健康的な毛細血管を維持していきましょう。