シミができやすい肌タイプとは

スキンケア

シミができてしまうのには個人差があるだけでなく、体質や環境によっても違いがでてきます

美白やシミ対策を頑張っていても、効果を感じることができなかったのは、持っている本質的な部分にあるのかもしれません。
シミができやすい肌タイプについてご紹介します。

シミができやすい人は?

シミができやすいのは種類によっても違ってきますが、紫外線に多く当たる環境や屋外での活動が多いだけでなく、体質でシミができやすいなど遺伝的な要因が絡んでいる場合もあります。

また男性と女性を比較した場合では、男性に比べて女性の方がシミができやすいようです。

女性のシミには、女性ホルモンが関係していると言われています。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理や加齢によってホルモンの分泌に変化があると、脳がエストロゲンを増やすように指令を出します。

その際にメラノサイトも刺激されてしまい、シミが増えていってしまいます。

 

他にも、肌の色が白い方や睡眠不足、過度なスキンケアによってシミを作りやすい環境を知らないうちに作っている可能性もあります。

シミができやすい肌タイプ

シミができやすい肌タイプは、このようなタイプに多いようです。

肌の色

元から肌の色が白い人は体質的にメラニンの量が少なく、紫外線を浴びてしまうと体が守りに入り、活性酸素を発生させてしまいます。
これがどんどん増えてしまうと、今度は活性酸素から守るためにメラノサイトが活性化されてしまい、メラニン色素を生成します。

そのため、肌の色が黒いタイプと比べて肌の色が白いタイプの方が、シミができやすいと言われています。

色白

また、肌の色が黒いタイプは、元からメラニン色素を多く持っているため、紫外線を浴びてもメラニンを多く生成することはないです。
肌の色が白いタイプは、日焼けをすると肌が赤くなるので、肌へのダメージも受けやすくなります。

習慣

スポーツや仕事などで外出時間が長い方や、糖分や高脂肪の食事を頻繁に摂取する方も、シミができやすいと言われています。
体が糖化してしまい、老化を進めてしまいAGEができてしまい、これによってたんぱく質や脂質を変性させることで、シミの原因になる可能性があります。

過度なスキンケア

肌の状態は、ホルモンのバランスによっても変化していくだけでなく、ストレスや環境によっても変わってきます。

スキンケア

女性はスキンケアやメイクで肌に触れる機会が多く、過度なスキンケアによって肌が刺激されてしまい、これが原因でシミができてしまう場合もあります。

肌の同じ場所を常に摩擦してしまうことで、メラニンがどんどん肌に入り込んでしまい、摩擦黒皮症を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。
肌のターンオーバーを促すピーリングも、過度に行うとシミの原因になります。

ライフスタイル

忙しいからときちんと洗顔しないで寝てしまったり、不規則な生活を送ることで肌のサイクルが狂ってしまい、結果的にシミの原因になってしまうことがあります。

紫外線

また、栄養バランスが偏った食事や喫煙習慣、紫外線対策をきちんととっていなくてもシミと関係してきます。
シミができにくい体質であったとしても、このような生活を送っているとシミができやすい体質に変わってしまうこともあります。

お血(おけつ)体質

東洋医学では血の流れが悪くなり、鮮度が失われてしまった状態をお血体質といいます

お血になってしまう原因は、気の停滞や欠乏だけでなく冷えなども関係してきます。

主に水分不足で血液が濃くなり、糖の影響によって血小板が固くなっている状態でもあります。
そのため、シミやそばかすができやすい状態が継続されることにもなります。

シミができやすい肌タイプを変えるには?

少しでもシミを減らしたいと思ったら、体の根本からシミを改善できるように体質を改善させていきましょう。

ビタミンを摂取する

体は食べた物によって作られています。
そのため、食べ物を見直すことで体の中からシミをできにくくすることができます。

ビタミンC

特にビタミン類は抗酸化作用があるものが多く、その中でもビタミンC、ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。
ビタミンCはレモンやアセロラ、キウイやパプリカに多く含まれ、ビタミンEは油脂類に含まれていますが、その中でもひまわり油には大さじ1杯で4.6mgも含まれています。

ポリフェノールを摂取する

活性酸素の働きを抑えることができるポリフェノールには、様々な食べ物に含まれています。

チョコレートの原料にもなっているカカオ豆のポリフェノールは、血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化の予防も期待できます。


カテキンは、緑茶の主な成分となるポリフェノールで、血中コレステロールを低下させることで、動脈硬化や生活習慣予防にも期待できます。
大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種で、化学構造が女性ホルモンであるエストロゲンと似ていて、ホルモンバランスを整えてくれます。

DHAを摂取する

DHAには、赤血球などの血中成分を柔らかく保つ働きがあり、ドロドロな血をサラサラにする効果が期待されています。

青魚

特にサバやブリ、イワシやサンマなどの青魚に多く、マグロにはトロの部分に多く含まれています。
サンマ1尾かアジ2尾程度の量で、1日分のDHAが摂取できるといわれています。

EPAを摂取する

血液や血管などの健康維持に欠かせないEPAは、体内で作ることができな必須脂肪酸の一種です。

イワシやアジ、サバなどの青魚に多く含まれていて、脂がのっている旬の時期の魚は、特に多くのEPAが含有されています。
血管の老化予防に効果的な成分です。

専用の化粧品に変える

紫外線を少しでも防ぎたいときや、浴びてしまった紫外線のケアをしたいときには、美白化粧品を使ってシミを作らせないケアをしましょう。

シミシワの原因

美白成分にはハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチンやトラネキサム酸などがあり、メラニンの生成に関係する酵素に直接働きかけて予防してくれますが、ハイドロキノンの場合は、できてしまったシミにもアプローチすることができる成分です。

ただしハイドロキノンの場合は、使い方に気をつけなければならない点があるため、使用時には容量や使用方法をよく確認しましょう。

シミができやすい場所は?

シミを防ぐためには、シミができやすい場所を知り、それぞれの場所に合った対策をする必要があります。

特にシミができやすいのは顔

シミは、顔にできることが多く、加齢とともに悩みの1つとなることが多くなっています。

顔は、体の中でも最も高い場所にあるため、紫外線のダメージを受けやすく、シミの原因となるメラニン色素が蓄積しやすい場所です。
顔の中でも特にシミができやすい場所は、額、頬、目元の3ヶ所です。

眉間のシワ

額は太陽に近く、シミができやすい場所でもあります。

前髪で隠れるから大丈夫だと思っている人が多いかもしれませんが、髪は紫外線をブロックしてくれるわけではないので、紫外線のダメージを受けやすいのです。
頬は、頬骨があることで出っ張っていているので、紫外線のダメージを受けやすくなっています。

また、紫外線によるシミ以外にも20代後半くらいからは、左右非対称に現れる肝班というシミができやすい場所でもあります。
目元は、顔の中でも皮膚が薄く、繊細な肌なので、摩擦や紫外線などの外的刺激によって、シミができやすい場所です。

体にもシミができる可能性が大きい

シミは顔だけではなく、体にできる場合もあります。
顔以外の部位でシミができやすい場所は、露出が多くなるデコルテや手、腕、肩、背中です。

デコルテは、衣類にの種類によって露出の度合いが違うため、紫外線対策を怠りやすい場所です。
そのため、シミができやすく、シミが濃くなるまで気がつきにくい場所でもあります。

手や腕は、体の中でも露出が多い場所で、紫外線を浴びることが多くなります。

運転をする人は、車窓からの紫外線を受けるため、右手や右腕に多くシミが発生する場合もあるので特に注意しなくてはなりません。
肩や背中は、薄い衣類を着用していると紫外線が肌に達し、ダメージを受ける可能性があります。

服を着ているからということで日焼け止めなどを塗らないことも多いためです。

シミができやすい場所は思っているよりもたくさんあります。

紫外線対策

普段から紫外線対策をきちんと行い、シミを作らないようにしていきましょう。
特に、シミができやすい肌タイプに該当した人は、より念入りに紫外線対策をすることをオススメします。

シミのできやすさを確認する方法

シミができやすい肌タイプやシミができやすい場所について紹介しましたが、必ずしも全ての人が同じだけシミができるわけではありません。
人によって、シミのできやすさに差があり、上記で紹介したようなシミができやすい体質の人もいます。

人によって体質が異なるというのは、太りやすいか痩せやすいか、暑がりか寒がりかなどの違いがあるのと同じことです。
では、自分がシミができやすい肌タイプなのか知るにはどうすれば良いのでしょう?

シミができやすいかどうか確認する方法についてもご紹介するので、ぜひ自身の肌質をチェックしてみてください。

表情ジワ

まず、シミができやすい人に共通している傾向は、蚊に刺された時に悪化しやすいということです。

蚊に刺された時に赤みが強く大きく腫れる、赤みがなかなか引かない、かゆみがひどくなる、赤みが黒ずみになって残ってしまうという症状に心当たりがある人は、シミができやすい可能性があります。

このような肌の人は、外部からの刺激に反応しやすいという特徴があり、皮膚もなかなか回復しません。

そのため、紫外線によるダメージを受けた際に、シミになりやすいと言えるのです。
また、蚊に刺されても赤みがあまり出ず、治りやすい人は、シミができにくいと言えるでしょう。

この他にも、日焼けをした時の肌の状態で見分けることもできます。
元々色が白い人であれば、日焼けをした時に赤くなって、色素沈着をしにくくなっています。

色素沈着をしないということはシミになりにくいような気もしますが、色が白い人はメラニン色素が元々少ないため、紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されやすくなります。
それに対して、日焼けをした時に赤くはならないけど色素沈着をしやすい人は、元々メラニン色素が多いので、シミにはなりにくい傾向があります。

しかし、後者の場合、紫外線を浴びることで悪化する肝班はできやすいため、紫外線対策はきちんとしなければいけません。

シミはセルフケアでも消せる?

ここまでは、シミができやすい肌タイプ、シミができやすい場所、シミのできやすさを確認する方法などをご紹介してきました。
顔にできるシミも体にできるシミも、可能ならなくしてしまいたいと思う方もいるのでは多いかと思います。

シミを消したい

特に夏場は紫外線によるダメージが気になる季節でもあり、普段よりもシミが気になってしまうかもしれません。

紫外線を浴びる機会が多くなればその分シミができるリスクは大きくなってしまうので、実際にシミが増えている可能性もあります。
そこで、なくしてしまいたいシミをセルフケアで消す方法を紹介します。

セルフケアで対策できる可能性があるシミ

シミと一口に言っても様々な種類があり、その中にはセルフケアで対策できるシミとそうでないシミがあります。

セルフケアで対策できるシミは、老人性色素班(日光黒子)と炎症性色素沈着です。
老人性色素班はシミの中で最も多いタイプで、こめかみや頬などにできやすいシミです。

紫外線の影響でできるシミの代表格なので、日焼けジミと呼ばれることもあります。
何年もかけて蓄積されたメラニンがターンオーバーによって表面に現れてくるため、40代くらいで気になり始める人が多いという特徴があります。

紫外線

日焼けをすることが多い人ほど増える可能性が高く、段々と濃くなってしまうので注意が必要です。

一方、そばかすや肝班などはセルフケアでの対策が難しいシミと言えるでしょう。
そのようなシミを消したい場合は美容医療などで対策する必要があります。

セルフケアでシミを薄くするには

セルフケアによってすぐにシミを薄くしたり、なくしたりすることは難しいですが、継続してケアを続けることでシミが濃くならないようにしたり、少しずつ薄くすることはできます。

セルフケアでシミを薄くする最初のポイントは、乱れたターンオーバーを正常化させてくれるスキンケア商品を使用するということです。

シミは、古くなった角質と一緒に剥がれて消えるのですが、ターンオーバーの過程で肌の表面に現れてきます。

ターンオーバーが正常になればシミは薄くなっていき、結果的に消すことが可能なのですが、ターンオーバーが乱れていてはいつまでもシミは残ったままです。
即効性はありませんが、自然にシミを薄くすることができる方法と言えます。

ピーリングを行ったり、肌のターンオーバーを正常化させてくれる成分が配合されたスキンケアを使うようにしましょう。