シミシワくすみの原因と対策まとめ

シミシワくすみの原因

若い頃にはなかったシミやシワが気になる女性も多いのではないでしょうか?
シミやシワ、くすみ対策を行うには原因を知ることが大切です。

原因を知ることでどういった対策が必要になるのか把握することができるので、シミシワくすみの原因からわかる対策をまとめていきましょう。

シミシワくすみの原因

シミシワくすみの原因として有名なのが紫外線でしょう。
そのため、毎日紫外線対策を欠かさず行っている女性は多いです。

紫外線

ですが、対策をしているにも関わらず年々増えるシミやシワに悩まされる女性もいます。
その理由としては、原因が紫外線だけではないからでしょう。

紫外線以外にも様々な理由によってシミ・シワ・くすみができてしまうので、原因と考えられる問題をいくつかご紹介していきます。

刺激が原因

摩擦がシミやシワを引き起こすことを知っていますか?

顔を洗う際や化粧水を肌に付けるときに、肌を擦るように刺激を与えてしまうとメラニン色素が作られてしまうので危険です。

いくらシミやシワに効果のあるスキンケア製品を使用していても方法に問題があると逆効果となってしまうので、スキンケアに関しては回数を減らすか優しく丁寧に行うよう気を付けましょう。

お酒の摂取

お酒を飲むことが毎日の楽しみである女性も多いでしょうが、お酒は飲み過ぎてしまうとアルコールを分解しようとして肝臓が働くので負担を感じて活性酸素が増加してしまいます。

お酒
活性酸素が増えると身体が酸化してしまい、シミやシワ、くすみの原因となってしまうので、お酒は週に1、2回または1杯だけ、など回数を決めて摂取するよう心がけましょう。

ストレス

スキンケアを毎日欠かさず行い、お酒の摂取や食事にも気を使っているにも関わらずシミ、シワ、くすみに悩んでいるのであればストレスが原因かもしれません。
自分ではストレスを感じていなくても、睡眠不足や少しの疲れでも身体はストレスを感じてしまいます。

ストレスが増えることで活性酸素が増えてしまうので、ケアを十分にしていてもシミなどに悩まされる場合には、ストレスを発散することから始めてみましょう。

肌の糖化

糖化という言葉を初めて聞いた女性もいるのではないでしょうか?

糖化とは、身体の中で余った糖が原因で酸化と同じように肌を老化させたり、病気を引き起こす原因と言われています。
酸化は肌をサビさせる原因となりますが、糖化は肌を焦げさせる原因となるので注意が必要です。

糖化の仕組みを理解しよう

シミシワくすみの原因として「糖化」が挙げられていますが、その仕組みについて詳しく解説していきます。
体を機能させたり脳の記憶を促すためには糖は欠かせない栄養素です。

ですが、摂取し過ぎてしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまうので危険です。
ご飯や麺類などの炭水化物、じゃがいもやサツマイモなどのイモ類にも糖質は多く含まれているので、砂糖の摂取を控えていたとしても過剰摂取は考えらるので注意しましょう。

糖化の仕組みとしては、糖を過剰摂取してしまった際に余った糖がたんぱく質と結びつくことで糖化をもたらし、「AGEs」という物質に変化します。
食べ物で表わすと食パンが最適で、焼く前のパンは白くてフワフワとしていますが、オーブンで焼くことでパンは焦げて硬くなってしまいます。

食パンに含まれているたんぱく質と糖が結合することで糖化し、引き起こる現象となり、糖分を過剰摂取すると食パンのように肌も同じような状態になると考えられるのです。

肌が焦げてしまう糖化…肌への詳しい影響は?

糖化を引き起こすと肌が焦げるとご紹介しましたが、実際にはどういった現象なのでしょうか?
肌が黒くなるのでは?と考える女性もいるでしょうが、糖化がもたらす肌への影響について詳しく解説していきましょう。

表情ジワ

コラーゲンが焦げる

コラーゲンは肌の生成には欠かせない成分ですが、たんぱく質でできているため糖を過剰摂取してしまうと糖がコラーゲンとくっついてしまいます。
その結果、コラーゲンが糖化してしまい機能が衰えてしまうので、水分がなくなり肌も硬くなってしまうのです。

また、コラーゲンは元々透明ですが糖化することによって褐色になってしまうので、肌のくすみにも影響があるのです。

エラスチンが焦げる

エラスチンは真皮層に存在している成分でコラーゲンを結びつける役割を持ちます。

そのため、美肌になるためには欠かせない成分となりますがエラスチンもたんぱく質となっているので糖化を引き起こしてしまうのです。
エラスチンが糖化してしまえばコラーゲンを結びつけることができなくなってしまうので、肌に弾力がなくなりシワを引き起こしてしまうでしょう。

シワ

細胞の破壊

コラーゲンやエラスチンが糖化することで体は異常が発生したと感じて酵素の分泌を始めます。

酵素はAGEsの排出を促すために働くのですが、糖化されていないコラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞などにも働きかけてしまうので、肌に必要な成分が生成されなくなってしまい老化を引き起こすのです。

表皮にも異常が表れる

コラーゲンやエラスチンは真皮層に存在していますが、表皮でも糖化は引き起こります。
表皮の外側にある角層にはケラチンというたんぱく質を含む成分が存在します。

ケラチンが糖化することで色が褐色に変化してしまうので、肌は黄ばんだように見えてしまいくすみを引き起こすのです。
水分保持力の低下も招くため、肌に乾燥を引き起こしシミやシワの原因にもなるでしょう。

糖化の原因は糖分の過剰摂取だけではない!

シミやシワ、くすみを引き起こす原因の糖化は糖分を多く摂ることだけが原因ではありません。

AGEsが直接含まれている食品の摂取

糖を取り過ぎるとAGEsが発生するのですが、食品によってはAGEsは直接含まれているのです。

・肉類
・チーズ
・植物油
・魚類

これらにはAGEsが含まれているので食べ過ぎには気を付けましょう。

電子レンジでAGEsが増える

AGEsは加熱することで含有量が増えると言われています。

そのため、食事を温めることでもAGEsは増えていくのです。
冷めてしまった食品を何度も温め直すことでAGEsは食品に溜まってしまうので温め直しをしないよう適度な量を作るように心がけると良いでしょう。

電子レンジ

シミシワくすみの対策

シミシワくすみは紫外線や乾燥、老化など様々な要因が考えられますが、女性の大敵であることには変わりありません。

できるだけ簡単にケアできる方法があれば、毎日のお手入れも諦めずに長続きするのではないでしょうか。
シミシワくすみを解消する対策として、日常的に取り入れられる予防・ケアをご紹介していきます。

紫外線によるシミシワくすみ対策は日中のケアが重要!

肌は紫外線をたくさん浴びることで色素沈着や肌トラブルを招きます。

最も有効な対策は「紫外線を浴びないこと」ですが、日中は仕事や外出することが多いのでなかなか難しいものです。
ですから、「UVケアを怠らない」これが基本になってきます。

「外出する時は必ず日焼け止めをつけること」「屋外でも紫外線を浴びてしまうのでUV化粧品を使うこと」これを日常化させることで紫外線を予防することができます。
しかし、日焼け止めを塗っていても肌が焼けてしまうこともありますし、日焼け止めをつけ忘れてしまったなんてこともあることでしょう。

ビタミンC

そんな時は、ビタミンCをたっぷりとって肌に栄養素を送り届けてあげましょう。
サプリメントでも構いませんが、ビタミンC誘導体が含まれている化粧品で肌の外側からケアしてあげることも大切です。

クレンジングや洗顔で肌を摩擦しないこと

クレンジングや洗顔は、メイク汚れや皮脂汚れなどを落とすためについつい強く洗ってしまいがちです。

しかし、肌に摩擦を与えてしまうとシミシワくすみを招いてしまうので、できるだけこすらないよう優しく洗うようにしてください。
そして、洗顔後に顔を拭く時はタオルで擦らず顔にあてて水分を吸収させるようにしましょう。

乾燥を防ぐためのたっぷり保湿で肌を守る

乾燥は肌にとっていいことは一つもありません。
肌トラブルが多くなりシミシワくすみもできやすくなってしまうので、常に保湿をして水分を肌に保持するようにしましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンを多く含んだ化粧品をたくさん摂取できても、肌に適量の水分が保てるとは限りません。

毎日取り入れて欲しい対策としては、洗顔後5~10分程度シートパックをつけた後、化粧水・乳液をしっかりと顔全体につけることです。
乾燥肌の人は化粧水の水分を蒸発させないよう、最後に乳液や美容クリームで油分を補ってあげることがポイントです。

睡眠をたっぷりとることも大事

毎日のスキンケアで肌トラブルを予防することも大切ですが、しっかりと睡眠をとり体を休ませてあげることも重要です。
睡眠不足はストレスになり体のホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンの分泌が滞ってしまうと肌あれや肌のターンオーバーに良くない影響を与えてしまうかもしれません。

スキンケアだけに注力するのではなく、毎日しっかり睡眠をとることも美容においては必要なことです。

シミシワくすみの対策はピーリングが効果的

シミシワくすみは加齢と共に増えていき、コンディションも崩れがちになってしまいます。

皮脂はターンオーバーによって正常であれば28周期程度で古い角質がはがれ落ちるサイクルになっているのですが、次第にこの新陳代謝のサイクルが遅れてしまうようになります。
すると、シミシワくすみだけでなく、毛穴のひらき、黒ずみ、乾燥、たるみ、ごわつきなど恐ろしい肌トラブルを引き起こしかねません。

古い角質を取り除くには美肌効果のある化粧品や美容液を使い続けていても、あまり効果がないのでそんな時は、ピーリングという方法で古い角質を落とし肌を活性化させましょう。

メラノサイト

ピーリングで古い角質を取り除くことによって、シミシワくすみ以外にニキビの予防や改善、たるみ、保湿効果を高めることができます。

ピーリングには色々な種類があり、自宅でできるピーリング方法と医療機関で行う方法があります。
自分でピーリングを行う場合は、ドラッグストアやバラエティショップで販売されている、ホームケア専用のピーリング化粧品を使用してみましょう。

石けんタイプ
石けんタイプは洗顔石けんにピーリング成分が含まれていて、通常の洗顔と同じように使うだけでピーリング効果が得られるタイプです。
水で洗い流すタイプ
化粧水や美容液を使う感覚で肌に塗り、最後に水で洗い流すタイプです。
洗い流さないタイプ
洗顔後に化粧水と一緒に使って古い角質を柔らかくさせる効果があります。
石けんタイプより効果が薄い分、肌への刺激も弱いです。
手で擦るタイプ
ジェルまたはクリーム状のものを肌に塗り、マッサージをしていくと角質がポロポロと取れてきます

この他にもピーリング効果のある製品がたくさんありますが、主な製品はこの4タイプです。

最近は炭酸泡で毛穴の汚れをすっきり落とすピーリング製品も人気があり、特にくすみケアに効果があると言われています。
ピーリング製品は、数百円~2000円程度と安く手に入ることができコストパフォーマンスも非常に高いです。

自宅で手軽に取り入れることができ、低刺激で肌トラブルの心配もほとんど起こらないので誰でも気軽にできるシミシワくすみ対策です。
しかし、低刺激な分あまり即効性を感じにくく、自身の肌にどのような製品が合うのかわかりにくいといったデメリットもあります。

シミシワに効果のある食べ物

ニューピュアフコイダンなら肌トラブルの心配なし

ピーリング製品は美容効果もたくさんありますが、お手入れ方法を一歩間違えてしまうと角質を無理矢理剥がすことにもなりかねません。
ピーリングが原因で、シミシワくすみをさらに招いてしまう可能性もあるのでピーリングに向いていない肌質の人は注意してください。

フコイダン画像

乾燥肌・敏感肌・皮膚が薄い人は、化粧品選びも慎重になってしまうかと思いますが、ニューピュアフコイダンは高濃度なフコイダン原液で作らているため安心して使用できる美容液です。

パラベンや石油系界面活性剤など肌のバリア機能を破壊してしまう成分を一切含まない無添加製品で、肌トラブルを起こす心配もありません。

フコイダンが繊細な肌に膜をはり、長時間潤いをキープしてくれるのでシミシワくすの対策としても効果的です。
肌の表面だけでなく奥深くまで成分が浸透しやすくなっているので、シミシワくすみの対策として愛用している人も多いことでしょう。

ニューピュアフコイダン

シミシワくすみは、突然できてしまう肌トラブルではありません。
シミシワくすみの原因を知り、適切な対策でケアしていけば予防・改善することができます。

スキンケアに使用する化粧品や美容液はできるだけ効果のあるものを選び、毎日継続していくようにしてください。
ニューピュアフコイダンは時間をかけずに毎日お手入れできる嬉しいアイテムです。

今まで使い続けてきた対策アイテムで効果が出なかった人は、一度試してみてはいかがでしょうか。