できてしまった「シミシワ」を消す方法

できたシミ

女性にとってシミシワは、実年齢よりも高く見られてしまうため、シミシワのない肌を目指している人も多いかと思います。

しかし、いくら気を付けていてもシミシワができてしまったり、様々なスキンケア用品を試したのに効果がなかったという場合もあります。
厄介なシミシワを消すためには、まず原因を知ることが大切。

表情ジワ

今回はシミシワができてしまう原因と、シミシワに効果のある成分についてご紹介していきます。
自分に合った「シミシワ」を消す方法を見極めてケアをしていきましょう。

シミができる原因

まずはなぜシミができてしまうのか、シミの原因についてご紹介していきましょう。
シミには様々なタイプがあり、そのタイプごとに原因が異なります。

シミ

老人性色素斑

老人性色素斑とは、加齢によって肌のターンオーバーが乱れてしまい引き起こってしまうシミです。
日光黒子とも呼ばれるもので、主に紫外線が原因で作られてしまいます。

老人性色素斑の特徴として、若い時はそこまで表面化されていなかったものが、中年以降になって増え始める傾向にあり、さらに顔だけではなく手や腕、背中などの露出しやすく紫外線が当たりやすい場所に表れやすいシミです。

そばかす

直径数mm程度の小さな斑点のようなシミが、頬・鼻周りを中心に表れた場合、そばかすである可能性が高いです。
そばかすは老人性色素斑とは逆に、思春期の頃が一番目立ちやすくなります。
遺伝性が強いと言われており、原因は遺伝であることがほとんどです。

色素沈着

ニキビを潰した跡や火傷の跡など、肌に炎症が起きたことが原因で作られてしまったシミで、加齢などは関係なくできてしまいます。
こちらは時間経過によって段々薄れてきますが、場合によっては長く残ってしまう可能性もあります。

肝斑

女性に多く見られるシミの一つで、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで表れると言われているものです。

大きめの褐色が目の下や頬骨に沿って表れた場合、肝斑である可能性が高いと言えます。
高齢の方が肝斑になりにくいと言われており、女性ホルモンのバランスが乱れやすい30~40代に多くみられます。

タイプ別による原因をご紹介してきましたが、遺伝が原因である可能性が高いそばかす以外のタイプは共通点として、肌のターンオーバーが乱れることで定着しやすくなってしまいます。

ですから、シミを改善させるためにはターンオーバーの乱れを改善させることも重要な改善方法の一つと言えるでしょう。

シワができる原因

続いてシワができる原因についてご紹介していきます。
シワにも2つのタイプに大きく分類することができ、それぞれで原因は少し異なってきます。

表情ジワ

表情ジワは顔の表情を作った時に目尻や眉間、ほうれい線などに作られるシワを指します。
元々表情ジワというのは、表情を作ったときにだけ表れるものでした。

しかし、年齢を重ねていくことでそのシワが残ってしまい、表情を作らなくてもシワになってしまいます。
原因としては毎日同じような表情を繰り返したり、顔の筋肉の衰えなどが考えられます。

眉間のシワ

例えば毎日パソコンを使って目を酷使する人は、眉間にシワを寄せてしまう方もいらっしゃるかと思います。
そうした表情がクセになっていると、何もしていないのに表情ジワができてしまう可能性が高いです。

また、顔の筋肉は皮膚のたるみを引き締めてくれますが、筋肉が衰えていればそのたるみを引き上げることが難しくなり、たるみが生まれることでシワにもつながってしまいます。

乾燥ジワ

乾燥ジワは肌のターンオーバーが乱れてしまったり、角質層に含まれている水分量が低下していることで細かいシワを作ってしまう表皮性ジワと、真皮に含まれるコラーゲンや肌の潤いを保つヒアルロン酸・エラスチンが減少することで深く大きいシワを作ってしまう真皮性ジワがあります。

どちらも肌の潤いを保つ成分不足が原因で引き起こってしまうものです。
また、紫外線によって成分が減少してしまうので、紫外線も乾燥ジワを作り出す要因となるでしょう。

シミシワの原因はそれぞれのタイプで異なるので、自分がどのタイプのシミシワを持っているのか確認してみることが大切です。
自分のタイプが分かればその原因から対策方法も考えられます。

シミシワ化粧品の選び方

シミシワに効果が期待できる成分とは

シミシワが作られる原因は分かりましたが、どう対処していいのか分からないという方は、シミシワへの効果が期待できる成分をスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?
シミとシワそれぞれで効果が期待できる成分を解説していきます。

シミに効果が期待できる成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCは強い抗酸化作用や色素沈着を防ぐ働き、さらに肌のターンオーバーを正常化させる働きが期待できると言われています。

しかし、普通のビタミンCは壊れやすく、スキンケア用品に含まれていても効果が発揮されにくいという性質を持っています。
そんなデメリットを改善させたのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はビタミンCの働きをそのままに、成分を安定化させて肌に浸透しやすく作られました。
シミの予防・改善には欠かせない美容成分と言われています。

シミシワに効果のある食べ物

アルブチン

アルブチンは現在様々な美白化粧品に配合されており、1989年には厚労省が美白成分として認めた成分です。

高い美白効果を持っているのは、皮膚科も使用する美白成分のハイドロキノンにブドウ糖が結合されているためです。

ブドウ糖が余計に思えてしまうかもしれませんが、ハイドロキノン自体は肌にかかる刺激が強くなりがちで、ブドウ糖は刺激を抑えつつ美白効果はそのままに効果を発揮してくれるのでアルブチンの方が肌に優しくケアできると言えます。

コウジ酸

コウジ酸は、その名の通り麹から見つかった成分です。
麹を扱っている杜氏の手が白く美しいのは、麹が発酵する中で生まれるコウジ酸に効果があるのではないかと考えられ、研究が進められてきました。
その後、コウジ酸の安全性や効果が認められ、医薬部外品の美白有効成分になったのです。

コウジ酸は紫外線などによるシミ以外にも肝斑に効果がある成分でもあります。
メラニンを作り出すメラノサイトではチロシナーゼという酵素が使われているのですが、その役割を阻害することでシミを防ぐことができます。

シワに効果が期待できる成分

コラーゲン

コラーゲンは肌の真皮にある成分で、真皮の約7割はコラーゲンで形成されています。

真皮

このコラーゲンは体内でも生成することができるのですが、加齢などの影響で生成量が減ってしまい、段々肌の土台となっている場所が崩れていくとシワにつながってしまうのです。

そのため、コラーゲンを外から取り入れることも重要なシワ対策と言えます。
様々なスキンケア用品にコラーゲンが配合されていますが、分子量が大きいコラーゲンは肌の奥まで浸透しないため、低分子のコラーゲンを取り入れる必要があります。

エラスチン

コラーゲンと同様に、真皮を構成する成分の一つです。
エラスチンはコラーゲンを束状にしてまとめる役割を持ちます。

コラーゲンが束状になることでより強固になり、弾力のある肌へと生まれ変わることもできるのです。
20代半ばにエラスチン量はピークを迎えますが、そこからどんどん減少していってしまうので、シワを増やさないためにもコラーゲンと共にエラスチンも一緒に取り入れた方が良いです。

ヒアルロン酸

シワは乾燥によって生み出されてしまう場合が多いです。
そのため、シワ改善には肌の潤いを守るヒアルロン酸も必要となります。

ヒアルロン酸は水分を保持してくれて、その保水力はヒアルロン酸1gに対し6リットルもの水分を保持できると言われています。
ヒアルロン酸も加齢によってどんどん減っていってしまうので、肌にヒアルロン酸の量を増やしてシワを防いでいきましょう。

それでも効果が感じられない場合は?

シミシワに効果のある成分をご紹介してきましたが、これらの成分を活用しているのに効果が今一つ感じられないという場合もあるかもしれません。

もし、様々なスキンケア用品や効果のある成分を試しているのにシミシワが消えないようなら、「フコイダン」という成分を試してみてください。
フコイダンとはどのような成分なのか、ご紹介していきましょう。

フコイダンとは、海藻に含まれるネバネバ成分のことで、健康素材として注目されていたことがありました。
しかし、今では様々な美容効果を発揮してくれるということが分かったため、美容業界でも注目の成分になってきているのです。

フコイダンには保湿やアンチエイジング効果をもたらしてくれると言われています。
保湿効果では、フコイダンを肌に直接塗ると肌表面をカバーしてくれるような薄い膜を張ってくれます。

この薄い膜のおかげで肌から水分が蒸発してしまうのを防ぎ、水分量を保つことができるのです。
「どれくらいの水分量を保つことができるのか」実際に実験が行われたところ、4週間で平均水分量がアップしたとの結果も出ており、フコイダンによる保湿効果が示される形となりました。

もう一つ、アンチエイジングの効果ですが、シミシワにも関連する「活性酸素」という成分によって肌の老化がどんどん進んでいってしまいます。

活性酸素は体内における免疫作用があるため、ある程度の量は必要となりますが、紫外線やストレスによって活性酸素の量が増えてしまうことがあるのです。

シミシワの原因

フコイダンにはこの活性酸素の量を減らしてくれる、抗酸化作用が備わっています。
抗酸化作用によって体が酸化していくのを防ぐことができ、シミシワの改善にもつながるでしょう。

このように、フコイダンには肌のシミシワを消すための効果があります。
様々な美容成分でも効かなかったと諦めず、フコイダンを試してみましょう。

フコイダン原液100%!ニューピュアフコイダン

フコイダンの特徴についてご紹介しましたが、まだまだフコイダンが配合されている美容液も少なく、美容液に配合されていたとしても他の成分も含まれているため、フコイダンが使われている量はかなり少なくなっています。

フコイダンの確かなシミシワに対する効果を実感したいという方は、「ニューピュアフコイダン」をお試しください。
ニューピュアフコイダンはどんな商品なのかというと、フコイダン原液100%の美容液となります。

フコイダンはもずく1kgからたった0.8gしか採取できない、とても貴重な成分です。
ニューピュアフコイダンの内容量は30mlなので、30kg以上ものもずくを使ってようやく1つの商品を生み出すことができます。

また、原液100%ということで着色料やパラベン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤なども一切配合されていません。
フコイダンの効果を十分に発揮しやすい美容液として、ニューピュアフコイダンが作られました。

ニューピュアフコイダン

他にもニューピュアフコイダンがシミシワを消す方法として優れている特徴を解説していきましょう。

カリスマエステティシャン・髙橋ミカが開発

カリスマエステティシャンとして多くの有名人の美容ケアを行なってきた髙橋ミカさんが自身の経営するエステサロンで使用するために開発されました。

高橋ミカ

出典:http://kaibeauty.jp/

髙橋ミカさんが、「サロンを訪れる様々な肌トラブルに悩んでいる人を助けたい」という強い想いからニューピュアフコイダンが生み出されました。
ニューピュアフコイダンと共にマッサージを行うことで肌がワントーン明るくなり、シミシワに悩まない肌へと生まれ変わることができます。

臨床試験も実施、医学誌や多数メディアで紹介された美容液

ニューピュアフコイダンは安全に使うことができるのか、そしてニューピュアフコイダンとマッサージを組み合わせることでシミ・シワ・くすみに効果があるのか、臨床試験を実施したところ、シミ・シワ・くすみの改善が実証され、さらに安全に使えるということも分かりました。

この臨床試験の内容は「先端医療と健康美容」という医学誌にも掲載されています。
他にも美人百花や美的、VoCEなどの雑誌でも紹介されており、注目度の高い成分・美容液であることが分かりますね。

貴重なフコイダン原液を100%使ったニューピュアフコイダンは、これまでどれだけ苦労しても取り除けなかったシミシワでも、改善できる可能性は十分にあります。

ニューピュアフコイダンとマッサージを組み合わせることで、より高いシミシワへの効果を生み出し、美しい肌質を保つことができるでしょう。
シミシワに悩んでいる方は、ニューピュアフコイダンを使ってシミシワに負けない肌を作りましょう。

フコイダン画像